Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
がん10年生存率、発生部位で大きな差があるとは?
0
    抗がん剤の限界

    がん10年生存率、発生部位で大きな差がある 

    • 乳がん80% 膵臓ガンは5%切る国立がん研究センターなどの
      研究班は19日、がん患者の10年生存率を公表した。''
    • 甲状腺がんや乳がんは80%を超えるが、膵臓(すいぞう)がん
      は5%を切り、がんの発生部位によって大きな差があることが
      わかった。
    • がん全体では約58%だった。全国規模で10年生存率を調べたの
      は初めて。 
    • 全国がんセンター協議会(全がん協)に加盟するうち16施設で、
    • 1999年から2002年までに診断・治療を受けた3万5287例を
      追跡調査した。
    • がん以外の原因による死亡の影響は補正した。甲状腺がんの
      10年生存率が90.9%と最も高く、前立腺がん、乳がんや
      子宮体がん、子宮頸(けい)がんも70%以上だった。
    • 一方で食道がん、胆のう・胆道がん、肝臓がんの10年
      生存率は、30%を切った。
    • 特に膵臓がんは4.9%と低かった。  胃がんや大腸がんは、
      最初の5年間は生存率が下がるが、その後ほぼ横ばいとなる。
      5年目以降はほとんど再発しないと
      みられる。
    • だが肝臓がんや乳がんは5年 を過ぎても下がり続け、再発
      リスクが高いことがわかった。
      「これらのがんは長期にフォローアップし、再発をチェックする
      必要がある」と猿木信裕・群馬県衛 生環境研究所長は話す。 
    • 今回調査した人が治療を受けたのは約15年前。がんセンターの
      堀田知光理事長は「がん治療は進歩しており、
      今、治療を受けた人の10年生存率はさらに高まる」と話す。
    • がんの病期(進行度)ごとの生存率や、各施設における主な
      がんの生存率、その施設が進行がんをどの程度診療している
      かなど、詳しい結果は20日から全がん協のホームページで
      公開する。
    • 上記2016.1.20.付日経新聞記事への山本理事長のコメント 
      国立がん研究センター等々が多数の患者からの資料集系にて
      公表は歓迎します。
    • しかしがんセンターの堀田理事長の発言には思い通りの結果が
      出たと喜んでいますが、今の西洋医学の治療では、ガンの完治は
      難しい。
    • がん発言は「ウイルス説」から始まり、現在は主として
      ストレスからくる「遺伝子」の突然変異の可能性と多くの
      専門医が言っています。
    • 後者が正解ならばなおさらです。これからの研究に頼ることに
      なるからです。
    • このような発表で一喜一憂するのはいかがなものかなあと思い
      ます。
    • 今の医学のレベルではまだ、がん細胞の駆逐は「毒を以て毒を
      制す」です。ガン治療薬の開発は第一次世界大戦のさなかから、
      毒ガスの「マスタード」という毒ガス兵器から研究が始まって
      います。
    • 薬事法で「毒」にて「毒薬」に分類されています。能書には
      記載されています。
      抗がん剤はガンを治すための薬ではなく、がんを殺すための毒です。
    • 副作用は当たり前です。
    • がんを死滅させるような強い抗がん剤は毒性が強く、癌細胞は
      死滅しますが、同時に患者もその毒性により死亡に至ります。
    • 日本の厚生労働省、医師会は公表せずにいます。アメリカの
      ガン治療薬の能書には取扱い等々がきめ細かく正確に記載されて
      います。
    • 成分もオープンにしています。この現実を見つめて抗ガン治療
      に化学療法だけでなく他の方法をも取り入れる必要があると思い
      当NPO法人では広報活動をしています。
    ◆MMMT推進センター
    代表 石井 寛(kan)心理カウンセラーも支援しています。
    URL: http://metaraku.com 
    Mail: info@metaraku.com
     


     
    posted by: Mr.CAM | 癌治療・対策 | 14:56 | comments(0) | - | - |