Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ピロリ菌から胃を守る 「糖鎖 」とは?
0
    JUGEMテーマ:難病に立ち向かえ!
    • ピロリ菌から胃を守る 「糖鎖 」

    〜粘液中の 糖鎖 の生体分子 が胃ガン発生を抑制 〜

    • 信州大学院医系研究科 信州大学院医系研究科
      研究トピックスより
      信濃毎日新聞 2012年 2月 8日朝刊 掲載
    • 『胃の粘液中に含まれる特殊な「糖鎖」が、2通りの方法で
      胃ガンの発生を抑制していることを、信大大学院医学系研究科
      (松本市)の中山淳教授(54歳):病理学らの研究チームが
      突き止め、7日、信大本部で記者会見した。
    • がん患者の粘膜ではこの「糖鎖」が無いか少なくなっている
      ことも判明。
    • この「糖鎖」を作る遺伝子の働きを高める薬を作るなどすれば、
      胃ガンの新しい予防法につながる可能性がある。
      研究成果は米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・
      インベスティゲーション」(電子版)』に発表。
    • 中山教授は7日の記者会見で「体質的にα型N-アセチルグル
      コサミン(αGlcNAc:糖鎖を構成する構成成分)の1つが
      少ない人はピロリ菌に感染しやすく、胃ガンになる可能性が高い。
    • 遺伝子検査でリスクが高い人を調べ、早めにピロリ菌を除菌
      したり、薬や食品でαGlcNAcを増やしたりすることで予防も
      可能とした。
    • αGlcNAcの存在下培養したピロリ菌では菌の形態に伸長等の
      著明な変化あり。
    • <信州大学大学院 医学系研究科分子病理学分野 病態解析診断
      講座 より>
    • 慢性胃炎や胃・十二指潰瘍、胃癌の原因であるピロリ菌は
      世界人口の約半数に感染していますが、感染者が必ずしも
      重篤な胃疾患に進展するとは限らないこともよく知られています。
    • この事実は胃粘膜自体にピロリ菌に対する何らかの防御因子が
      存在している可能性を示しています。
    • ピロリ菌は胃粘膜の表層に棲息し、深層には認められません。
      胃粘膜深層の腺粘液細胞から分泌される粘液は特徴的にα結合型
      N-アセチルグルコサミンを含む糖鎖を含んでいます。
    • 最近我々は、この糖鎖がピロリ菌の細胞壁に特徴的な糖脂質で
      あるコレステリル-α-D-グルコピラノシドの生合成を阻害する
      ことでピロリ菌の増殖や運動能を抑制し、その結果ピロリ菌感染
      から腺粘液細胞自身を防御していることを発見しました。
    • α結合型N-アセチルグルコサミンは元来胃の腺粘液内に存在して
      いるから、この研究成果を基に副作用のない新たな抗ピロリ菌薬
      の開発へと発展することが期待されます。
    • 糖鎖は、質がのように結合し細胞表面ある生体分子。
      胃粘膜深部から出液含まれ注 糖鎖は、質がのように結合し細胞
      表面ある生体分子。胃粘膜深部から出液含まれ注 目した。
    • 遺伝子操作により、「α結合型 遺伝子操作により「α結合型
      N-アセチルグコサミン」と いう糖を含む鎖なくしたマウスの
      胃十二指腸との結合部で生後 5週間後から腫れが出来、30 週間
      後にがんを確認した。 胃がん患者でも同糖鎖減少していること
      が分かり、発ガンを抑え機能あ結論付けた・徳島新聞
    • NPO法人補完代替医療推進センターCAM 理事長 山本英夫
      (転載承認済)
    • M−MMT推進センター 
      心とからだのカウンセラー石井 寛も支援しています
    • 販売代理店
    • 免疫力アップは代替医療免研の糖鎖栄養食品,健康楽々くん

    • Microsoft PowerPoint - ようこそ糖鎖栄養食品280117-2

    posted by: Mr.CAM | 糖鎖とはなんですか? | 12:41 | comments(0) | - | - |
    糖鎖成分はどんな病気や症状に効果がありますか?
    0

      糖鎖成分はどのような「病気や症状」に効果がありますか?

       

      アメリカのNIH(国立衛生研究所)が喘息患者に対して行った

      医学試験の結果「人体が必要としている8種類の単糖を喘息患者に

      摂取させたところ100%なんらかの効果が見られた」と公表しています。

      また、「糖鎖」を正常にすることで免疫機能の調節やがん、アレルギー、

      アルツハイマー、花粉症、膠原病、エイズ、細菌感染病、糖尿病、

      代謝異常、ホルモン機能、ストレス等殆どの病気(症状)に画期的な

      効果が出たという報告もなされています。

      さらに、うつ病や自閉症、神経症、喫煙者、アルコール中毒者、

      肌あれの改善にも大きな効果が確認されています。

      従って、「糖鎖」が修復されれば、細胞→組織→臓器の動きが

      正常になり、健康な体に戻れるのです。

      糖鎖成分を摂取れば「免疫力」が上がりますか?

       

      血液の白血球は免疫力の中心的役割を担い、外来抗原(敵)や

      体内異常細胞の認織・伝達は、各白血球の糖鎖が行います。

      糖鎖(レセプター)機能が低下しますと、細胞の動きばかりでなく、

      身体全体の機能も低下し、病気を引き起こしています。従って、

      糖鎖を構成する8つの単糖成分を補給することで、しっかりとした

      (正常な)「糖鎖」を作ることになり、免疫力をアップさせ、

      自然治癒力も向上させます。

      心とからだのカウンセラー 石井 寛 も「糖鎖製品」を推奨しています。

      posted by: Mr.CAM | 糖鎖とはなんですか? | 15:24 | comments(0) | - | - |
      「糖鎖」とは?病気は糖鎖の働きが低下することで発生する。
      0






         
        続きを読む >>
        posted by: Mr.CAM | 糖鎖とはなんですか? | 11:11 | comments(0) | - | - |