Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
間質性肺炎の方からのご注文を頂いています。
0

    間質性肺炎の方からのアクセスが目立ちます。

    JUGEMテーマ:高齢者医療

    間質性肺炎について、

    いろいろな原因から肺胞壁というところに炎症や損傷が
    おこることで、壁自体が厚く硬くなりそうですが、
    それを線維化と称されています。

    特徴的な症状としては、安静時にはあまり感じない
    呼吸困難感では、上り坂とか階段を上がる場合や、

    一般道の歩行中、入浴・排便などの通常の日常生活の
    動作の中で感じるようになるとあります。

    季節に関係なく痰を伴わない空咳で悩まされることも
    あるそうです。

    長年にわたっての進行となるために自覚症状が出るころには
    病状が進行していると言われています。

    また風邪様症状の後に、急に呼吸困難がでたりして病院に
    急診しなければならない状態になり、「急性増悪」と
    いうそうです。

    間質性肺炎の原因については、関節リウマチ・多発性皮膚筋炎
    等の膠原病、職業・生活上での粉塵(ほこり)や

    カビ・ペットの毛・羽毛などの慢性的な吸入
    (じん肺や慢性過敏性肺炎)、病院で処方される

    薬剤・漢方薬・サプリメント(薬剤性肺炎)、感染症など
    様々あることが知られています。

    さらに原因を特定できない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」
    というそうです。

    日常生活では、禁煙とともに、過労・睡眠不足など体に対する
    負担を減らすような生活を行うよう心がけることと

    過食・体重増加は呼吸困難が増強する可能性があるので、
    適正体重を保つことも重要。

    それとは別に間質性肺炎が進行すると体重が減少するこがあり
    バランスのとれた食事により体重を維持するのも大切だそうです。

    また、感染予防はきわめて重要で、間質性肺炎の急性増悪は
    風邪のような症状がきっかけとなることも多いそうですので、

    冬場における外出の際にはマスク着用、手洗い・うがいの励行、
    インフルエンザの予防接種などが重要になると教わりました。

    当方のHPの記事にアクセスが増えている中で「間質性肺炎」
    が治癒できるか?

    どんな体験症例か?

    特に代替医療として「補完糖鎖栄養食品」に注目されて
    じっくりと記事をお読みになる方がおられます。

    昨日も4回目のリピートですが、M県の中村様も初期の
    「間質性肺炎」と診断されて漢方薬を併用して
    ご利用いただいています。

    その他病気療養中の方々もご活用頂いています。
    http://www.katakori-kenko-necklace.net/?pid=89669774

    私は薬害・副作用で寿命を失いないたくありません。

    自然治癒量、自己免疫力を自力・生命力をアップすることが
    一番重要と思います。

    宜しければHPをご覧ください。
    http://metaraku.com/
    by 心とからだのカウンセラー石井 寛

    フォトは初秋の中之島

    健康ネックレス ランキング トップをめざす 特許「健康楽々くん」さんの写真
    posted by: Mr.CAM | 代替医療 | 12:00 | comments(0) | - | - |
    補完代替医療と糖鎖
    0

      補完代替医療のお勧め

      マスコットDr CAM

      欧米諸国では現代医学でも治療の難しい病気に対して

      「補完代替医療」を導入した治療法を積極的に取り入れることが

      新しい治療の流れとなっています。

      わが国では、患者が補完代替医療を希望しても、

      医療機関の情報が乏しく、補完代替医療を受けることが

      難しいのが現状です。
       

      本センターでは、生活習慣病並びに西洋医学では治療困難と

      いわれる難病に、補完代替医療を併用した医療の普及を目的として、

      科学的情報の提供を行っています。

      監修 鈴木博夫(薬学博士)

      金沢大学薬学部抗生物質学専攻卒、
      田辺製薬(株)研究開発本部国際開発センター所長、
      同法務統括室長歴任、心臓循環器系新薬「ジルチアゼム」の米国、
      カナダ、英国、フランスなどの臨床試験から新薬承認を担当、
      米国国際貿易委員会の特許訴訟担当、大阪府知事表彰、
      著書「ジルチアゼム」(共著)他


      「補完代替栄養食品」を
      心とからだのカウンセラー 石井 寛も支援します。

      NPO法人補完代替医療推進センター 転載承認

      posted by: Mr.CAM | 代替医療 | 17:04 | comments(0) | - | - |