Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
健康のためにしてること、ありますか?
0

    愛するわんこ&にゃんこの健康長寿

    健康のためにしてること、ありますか?

    最近想いを深くしていることの一つに

    「人間の生命力」が低下しているのではないかと感じることです。

    自己治癒力や免疫力等が感染症をはじめ個々の回復力、治癒力が

    弱いように思うことがあります。

     

    思えば粗食時代がやむなく長かったシニア世代の方が「生きる」

    という点では逞しく、食べられるものは感謝していただいてきた

    時代でした。

    それだけに複合的な影響での食物アレルギーで大変なことにまで

    なるとは思ってもいませんでした。

     

    アレルギーも好き嫌いもないことが、ありがたいことだと日々感謝

    して食事をいただいています。

    人はもとより、最近のペットブームから

    「犬、猫をはじめペットも大切な家族の一員」です。
    それが長寿社会を象徴するようにペットも高齢化で病気の対策も

    必要となるようです。

     

    しかしながら動物病院では高額医療を余儀なくされるため高負担が

    課題です。実は我が家も愛猫の素術や治療費で高額な負担がつらかった

    ですが寿命を延ばす結果を得たことは幸いでした。(16歳で昇天)

     

    それでも「転ばぬ先の杖」の言葉ように「糖鎖栄養素」を日常的に

    補給することで(義弟が10数年来NPO法人で普及推進している)

    免疫力、自然治癒力のアップが期待できます。

    今年も不足する栄養素の補給に理想的だと言われている代替医療の

    糖鎖栄養食品をおススメいたします。

     

    補完代替栄養食品の普及推進と
    NPO法人補完代替医療推進センターCAMを支援しています。

    詳しくはサイトをご覧ください。
    犬猫用糖鎖絵用食品
    http://metaraku.com/
    特許 健康楽々くん M-MMT推進センター 

    posted by: Mr.CAM | 糖鎖の栄養素について | 21:38 | comments(0) | - | - |
    「〇〇で一番受けたい〇〇」で紹介2/20されました。
    0
      http://img-cdn.jg.jugem.jp/5a0/3022963/20160227_4185651.png

      ■テレビ「〇〇で一番受けたい〇〇」に登場・
      放映
      2016.2.20.
      免研・糖鎖エキスプレミアム配合成分:
      LPS(植物発酵エキス・特許品)

      1時限目[保健体育]
      杣源一郎先生
       『病気になる人、ならない人を分
       ける夢の物質「LPS」とは・・・』
      (先生プロフィール)
        東京大学卒・薬学博士。産学官連携の 
       研究開発を目的としてNPO法人設立。
       自然免疫制御技術研究会会長
       
      ◆LPSとは・・・
      「細胞(Cell)内に存在するミトコンドリアと
      白血球の一種・マクロファージの

       働きを活性化する成分です。
      (小麦発酵抽出物:特許品)
       
      「マクロファージの活性」・・・抗がん剤を投与したり、
      放射線を照射して殺したガンの死細胞は体内に多数あります。
      貪食細胞であるマクロファージはこれらの死細胞を迅速に
      効率よく処理する働きがあります。すなわち体外に迅速に
      排泄されることが病気の回復に重要な要素です。

      ※世界特許の小麦発酵抽出物で既に
      日本特許成立。特許4026722

      「植物発酵エキス、植物発酵エキス末及び
      該植物発酵エキス配合物」


      LPS配合・糖鎖エキスプレミアムLDのセールスポイント>  
      1つひとつが分かれ、患者さんにも飲みやすいブロー容器
      入り液剤です。飲み方:就寝前に
      1容器10mlを目安とし
      お飲みください。

      重症の方は増量。翌朝、さわやかで、疲れがとれてスッキリし、
      身体が軽くなる感があります。自然治癒力・快復します。


      「細胞(Cell)内に存在するミトコンドリアと
      白血球の一種・マクロファージの働きを活性化する

      2成分(D-リボース、小麦発酵抽出物:特許品)を新配合。」
      「細胞のアンテナ:糖鎖」を構成する8つの単糖をバランスよく
      配合しています。
        
       

      D-リボース配合」・・・リボースは、細胞内に存在する
      「ミトコンドリア」の働きを活性化する物質です。

      すなわち、生体内のエネルギー源である
      ATP(アデノシン三燐酸)
      の生合成を助ける働きがあります。すなわち、運動時のエネルギー
      サイクルに作用します。

      肉体疲労改善をターゲットにしたサプリメントで
      元田辺製薬
      ()にて開発。

      販売代理店 特許健康楽々くん M-MMT推進センター
      詳しくはhttp://metaraku.com/
      「補完代替糖鎖栄養食品とは」 をご覧ください。
       
      posted by: Mr.CAM | 糖鎖の栄養素について | 19:11 | comments(0) | - | - |
      三大栄養素を作り出すのは何か?
      0
        JUGEMテーマ:健康食品・サプリメント

        「三大栄養素」とエネルギー

        食品成分の中で、エネルギーを作り出すのは
        タンパク質、脂質、炭水化物の3種類です。

        ◆3大栄養素の理想バランスとは

        計算式は(身長m×身長m)×22の計算で求められます。

        タンパク質と炭水化物は共に1g当たり4キロカロリー、
        9キロカロリーのエネルギー
        を作ります。
        1日にとるべき適切なエネルギー量は、
        自分が1日に消費するエネルギー量と同じです。

        その範囲で食べていれば、その範囲内で食べていれば、
        肥満であっても標準体重まで自然にダイエットできます。

        3大栄養素と総エネルギー量
        栄養素 総エネルギー
        ■タンパク質 15〜20%
        ■脂質 20〜25%
        ■炭水化物 55〜60%

        イラスト

        ※通常、日本人の食生活では上記のバランスに近いものです。

        ◆各栄養素について

        タンパク質

        人体の構成成分の材料と活動エネルギー源になります。

        人体の元となるタンパク質には、約20種類のアミノ酸が
        含まれています。
        その内の8種類は体内で作れないので、毎日食物から
        とらねばなりません。
        この8種類を「必須アミノ酸」と呼び、これらを含んだ
        肉類や卵類、魚介類などを栄養価の高い良質の食物と
        考えていました。

        ただし、そうした動物食品は脂肪分も多いので、
        常食しすぎると動物脂肪の取りすぎにつながり、
        生活習慣病の原因にもなりかねません。
        タンパク質は大豆タンパクなどの植物食品からも摂取できます。

        脂質

        活動のエネルギー源になります。

        体内の脂質には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質などが
        ありますが、大部分は中性脂肪です。中性脂肪は、
        皮下や肝臓などに貯蔵されており、必要に応じて分解され、
        脂質の基本成分である脂肪酸が取り出されてエネルギー源として
        使われます。

        脂肪酸が燃焼すると、1g当たり9キロカロリーのエネルギーを
        発生します。
        わが国では、30年ほど前から動物性脂肪の摂取量が増え、
        糖尿病や高脂血症、心筋梗塞、大腸がんなどの生活習慣病が
        激増したのです。

        炭水化物

        炭水化物は「糖質」とも呼ばれ、身体の大事なエネルギー源に
        なります。

        食物から消化吸収されると、肝臓内でグリコーゲンに合成されて
        貯えられ、必要に応じてブドウ糖に変換されて血液中
        に送り出されます。炭水化物には、ブドウ糖、果糖、
        砂糖などの甘味が強いもの(単糖類、二糖類)と、ブドウ糖や
        果糖が多数結合したでんぷん(多糖類)など があります。

        果糖や砂糖は吸収が早くて、摂取するとすぐ体内でブドウ糖に
        変換されて血液中に送られるため、とりすぎると血糖値 が
        急上昇します。
        甘味の糖質はとりすぎると体内で脂肪に変換されて肥満に
        つながるため、過剰摂取は禁物です。
        反対に、でんぷん類は消化吸収が緩やかに進む ため、
        身体のエネルギー源としては最適です。穀類、イモ類等々です。

        正確な知識に基づいて判断と共に具体化しなければ弊害も
        分からずに健康そのものを失うことがあると思いました。

        心とからだのカウンセラー石井 寛は、
        NPO法人・補完代替医療推進センターCAMを支援し
        ます。
        あわせて「糖鎖代替栄養食品」の普及推進をしています。


        NPO法人・補完代替医療推進センターCAM 転載承認

        posted by: Mr.CAM | 糖鎖の栄養素について | 23:20 | comments(0) | - | - |
        自己治癒力には糖鎖栄養素を!
        0

          糖鎖栄養素

          細胞のアンテナのはたらき

          生命科学の研究で解明されつつある免疫賦活、抗腫瘍作用など生命維持に重要なはたらきをしている糖鎖(Sugar Chain)について解説します。

          「糖鎖」は細胞の情報交換をするアンテナ

          糖鎖は

          私たちの体は多数の細胞から成り立っていて、個々の細胞は生命活動を維持しています。即ち、個々の細胞の正常な生命活動の集合体によって健康生活を維持しています。
          細胞が正常な活動を維持するためには、他の細胞との情報交換、体内に侵入したウィ病原菌、有害物質などの識別、異常分裂を始めたガン細胞の識別などをするために「糖鎖」呼ばれる鎖状の糖質でできたアンテナを細胞表面に多数備えていることが最近の生命科学研究で解明されています。
          この糖鎖はインシュリンなどのホルモンの受容体としても働くなど細胞自身の生命活動に必要な情報を受取る役割をしています。

          糖鎖栄養食品とは

          ツバメの巣

          糖鎖生合成の原料となる単糖類含有成分、乳糖、ブドウ糖、キダチアロエ末、マイタケ末、
          グルコサミン、ムコ多糖、ホエイ末、アセチルグルコサミン、デキストリン、メカブ抽出物、
          燕窩末、キシロース、グルコン酸亜鉛、及びビオチン、ビタミンC、ナイアシン、
          パントテンカルシウム、ビタミンB群を配合した総合栄養食品です。

          「糖鎖」の多彩なはたらき

          糖鎖のはたらきは、細菌、ウィルスなどに対する防御機構、細胞分裂、生命活動を保つ恒常性維持など非常に多彩な細胞活動に関わっています。最近の研究で解明された糖鎖のはたらきの一部を紹介すると以下の通りです。

          血液型の決定

          血液型のA、B、AB、O型は血球の糖鎖の種類の違いによって決定されています。

          細菌やウィルス感染予防

          細菌、ウィルスなどの病原菌が体内に侵入したとき、最初に病原菌の種類を判別するための情報の読み取り、解読して感染を予防する為の免疫対策を整えるには糖鎖がセンサーの役割をしています。

          腫瘍、ガンなどの異常増殖

          細胞がガン化すると細胞表面の糖鎖の分子形状に分枝化などの変化が起こります。この形状分枝変化が大きいほどガン組織の増殖速度が速くなると言われています。ガンの転移にも糖鎖が関係しています。

          恒常性の維持

          細胞単位の生命活動における糖鎖の機能は、細胞の集合体である体の組織、器官の機能を正常に維持し健康体を保つ恒常性(ホメオスタシス)の基本になります。糖鎖は、神経伝達、骨髄細胞の血球への分化、細胞間の自己・非自己認識、プログラムされた細胞死(アポトーシス)など多くの生命現象に関わっていますので、病態の解明、診断、治療など臨床応用への今後の研究が注目されてます。

          糖鎖を構成する糖

          糖鎖は細胞膜の蛋白又は脂質と結合して細胞表面に多数存在し、それらの糖鎖はグルコース、ガラクトースなどの単糖類がグリコシド結合、分枝してできています。
          単糖類にはペントース、ヘキソース、アミノ糖、ウロン糖などを含め組み合わせが多く、糖鎖の種類は膨大な数になります。

          通常は、食事から摂取する糖質栄養素から糖鎖が体内で生合成されていますが、できるだけ多種の単糖類を摂る為に糖質栄養素含有食品を摂取することには意義があるでしょう。

          心とからだのカウンセラー石井 寛も普及推進しています。

          *糖鎖製品のお求めは、Yahoo! ⇒ 健康楽々くん 


          NPO法人 補完代替医療推進センター 承認転載記事

          posted by: Mr.CAM | 糖鎖の栄養素について | 10:21 | comments(0) | - | - |